専門性の高いMRと呼ばれる職業

choices article

営業以外の仕事と転職事情

readmore

他の職とは違うMR独自のシステム

readmore

医学の移り変わりとMR

readmore

MRの仕事内容と女性の活躍

readmore

MRは適性が求められる専門職

MRという仕事は医師や薬局向けの営業職です。製薬会社の営業と考えても良いでしょう。
MRは給与が高い仕事として知られています。高収入を期待してMRになる人も少なくありません。また、普通の営業と比較すると、営業ターゲットも営業する目的も比較的明確ですので、営業に伴うストレスは基本的に少ないと言われています。ただし、医師の中には営業を非常に嫌う人もいますし、また医薬品の販売は大きな額が動きますので、そのためにあれこれと接待を必要としたりすることがストレスになる人もいます。大変な仕事ではありますが、その分営業がとれた時の喜びははかりしれず、やりがいを強く感じられる職業です。

MRは薬学部卒業者も多いですが、基本的に学歴不問です。大卒が最低条件とはなりますが、文系学部出身の人も少なくありません。
ただし、MRは常に勉強をしなくてはなりません。MR試験がきちんとありますから、それにしっかり合格する必要がありますし、また自社の商品情報をもって医師にしっかり営業をするためにはその分野に関して現役の医師と議論ができるレベルが無いといけません。

そして、営業として医師と気が合うということはとても大事ですが、コミュニケーション能力の高さはもちろん、インテリジェンスの部分も求められます。ノリと気合で営業ができないことは他の営業職と大きく一線を画しているところだと言えるでしょう。
MRは高給ですが、その分他の苦労が多かったり、資質が問われることは間違いありません。しっかり適性を考えて選ぶべき専門職です。

辛抱強い人はMRに向いている

製薬業界での営業ともいえるMRですが、どんな人が向いているでしょうか。営業というくらいですから、相手とのコミュニケーションがうまく取れる人ですとか、そういった人を想像する人が多いと思われます。それもあるでしょうが、MRに向いているのは『辛抱強い人』だとも言えるでしょう。
なぜかというと、MRは営業する時間が限られているため、その時間が来るまで辛抱強く耐えていなければならない必要があります。MRのお客さんとはつまりお医者さんのことですが、お医者さんだって日中は患者さんが来て忙しいです。ですから患者さんがいない時間を見つけるまで、辛抱強く耐えなければなりません。どんな職業であっても、仕事に対して何かしら我慢はしていることだと思いますが、MRはお医者さんに会える時間を自分で見つけなければならない上に、その時間が来るまでどんなに営業したくても我慢が必要になります。ですから自分のことを、あまり辛抱強くないと感じている人にとっては、MRはやりにくい職業かもしれません。
しかし反対に、辛抱強い人にとってはMRは向いている職業と言えるのではないでしょうか。営業しに行ける時間が見つかるまでは耐えなければなりませんが、その時間まで耐えることができる自負があれば、MRになってみることを考えてみても良いかもしれません。

IT革命により、システム化やデータベース化されています。 30年以上の実績と製薬業界各社との強い信頼関係を活かし、MRの転職に最適化された次世代型の転職支援をご提供いたします。 ドクターからの印象を良くする立ち居振る舞い、製品を効果的にプレゼンする方法等、5分で身につくMR活動のコツをご紹介します。 MRの転職・求人など製薬業界の情報ならこちらから

list

2017/08/24
営業以外の仕事と転職事情を更新しました。
2017/08/24
他の職とは違うMR独自のシステムを更新しました。
2017/08/24
医学の移り変わりとMRを更新しました。
2017/08/24
MRの仕事内容と女性の活躍を更新しました。