営業以外の仕事と転職事情

MRの転職

MR業界は、転職が多い業界です。とにかく大手のメーカーは、人数を確保するために、未経験MRの中途採用も積極的に行っており、またメーカー間での転職も頻繁にあります。新規の製薬の販売が決まると、それをプロモーションするための人員を確保するためにメーカーは採用を開始しますので、転職サイトやエージェントから求人を紹介された場合には、新薬が登場するタイミングと考えると良いかもしれません。他のメーカーから転職してくる場合も理由は様々です。
スカウトされて転職してくる人もいれば、前のメーカーで人間関係がうまくいかず他社に移ってくる人、より高い給料を求める人など十人十色です。前述のように、MRは大量採用を行っていますので、採用自体の難易度はそこまで高くないと言えるでしょう。私は他業種からの転職でしたが、その職場での頑張りを伝え、MRになったときにその経験がどのように生かせるかをアピールできれば内定をもらえる確率もアップします。未経験転職の場合でも、研修がありますので、そこで徹底的に製薬の知識やMRとしての在り方、営業スタイルについて叩き込まれるので、真剣に取り組んでいれば問題なく慣れることができるでしょう。

MRの営業以外の仕事内容

MRの営業のメインは、担当エリアの医師を回り、自社製品のプロモーションを行い、新規処方を獲得したり、他社の処方から切り替えてもらうために営業を行います。しかし、MRの仕事内容はこれだけにとどまりません。MRは自社製品をプロモーションするために、頻繁に説明会を実施します。説明会については開業医や大型病院で規模は変わってきますし、説明会の持ち時間によって使用するスライドを変えたりと、工夫をします。説明会を行う際には、まず参加していただける医師や看護師その他スタッフの人数分の弁当を用意します。その際に用意する弁当は、かなり高価なものを用意します。
開業医の場合はかなりフランクな形で説明会を行いますが、大学病院の医局説明会では、かなり張り詰めた雰囲気があり、当然医師相手ですので、鋭い質問も飛んできます。こうした質問に対処できるよう、説明会前にはかなり入念な準備が必要になります。説明会自体は、スライドを利用して行います。また、使い方が独特な製薬については、医師以外にも、薬局の薬剤師や看護師専用に説明会を実施します。特に大きな病院になると、関係者の数もおおくなるので、複数回に分けて実施することになります。

list

2017/08/24
営業以外の仕事と転職事情を更新しました。
2017/08/24
他の職とは違うMR独自のシステムを更新しました。
2017/08/24
MRの仕事内容と女性の活躍を更新しました。
2017/08/24
医学の移り変わりとMRを更新しました。